excitemusic

[ホームページ ようこそ桜の園へ]は http://members2.jcom.home.ne.jp/bishiniya_cad/
by marira-y
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
『いつかモイカ河の橋の上..
from エルミタージュ図書館
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リーリアちゃんとの再会 2007.1.19

f0060853_20164117.jpg

ピテルの日本センターで知り合ったリーリアちゃんが来日しました。
日大三島に国際学部があり、そこと交換訪問とのこと。
1月11日に来日し、18日に東京に来る・・・・と。
せっかくの日本「どこに行きたい?」と聞いたら「ジブリ美術館に行きたい!」と。
19日に約束する。

三鷹駅で待ち合わせ、三人で来ると言うので、どんな子たちかな?と期待がいっぱい!
来た! 可愛い女の子三人!
下で待っているバスにジブリの絵が描いてあるので「嬉しそう!」
「ジブリのアニメは全部見ています」
「私、幸せですぅ~~」と。幸せそうにしている彼女達を見ている私も幸せになる。

一人の娘は茶道を習っています・・・と。
お抹茶を7缶も買って行った。大学の分かしら? 余り大量に買うと香りが抜けるけど・・・と心配になる。
帰りは駅まで歩いて。途中、老舗らしい呉服屋さんがあった。ちょっと入ってみる。
ロシアからのお客様と言うことで、たくさんの反物を体に掛けてくださる。
嬉しそうだった! 良かったね~~

お土産のロモーノソフのコーヒーカップです。
f0060853_20271930.jpg

[PR]
# by marira-y | 2007-03-04 20:27

白夜 1, July midnight

f0060853_8434021.jpg

White night from friend in St,Peterusburg
2月末、ペテルブルグ日本センター、バス停で知り合ったリーリアちゃんとメール交換しています。
彼女は今大学院生、少し文字足らずですが、とても上手な日本語でメールが来ます。7月になってすぐ、白夜のペテルブルグ宮殿橋の写真が届きました
夏場だけ12時30分頃跳ね橋となります。私たちが絵葉書などで見る宮殿橋は、バックに必ずエルミタージュ美術館が見えていますが、この画像はまったく反対側、エルミタージュ側から対岸が見えています。地元の人ならでしか撮れない画像です
彼女の話では、白夜は一晩中曇りの状態とか。その白夜もだん短くなってきたとのことでした

対岸に見えている尖塔を持つ建物は、ロシア海軍省です。
このずっと奥にリーリアちゃんの家や、私たちが滞在していた語学学校の寮もありました
[PR]
# by marira-y | 2006-07-07 08:43

 終 章 Ending (27, March wrote)

f0060853_116588.jpg

思い出を楽しみながら綴りました。これを書いている間中、まだロシアにいる気分でした。
終わってしまった今、現実の暮らしに戻らねばなりません。
アヴィ二ョンのイザベル、イギリスのナージャ(彼女はまだ勉強中)、リーリアちゃん、寮のビクトリアさんなどからメールや写真が送られてくると、今にも飛行機を予約して飛んで行きたい気分、格安数航空券を探したりしています。
やっぱりもう一度、気候のいい時期に、あの人たちに会いたい気持ちがいっぱいです!
そういえばボーイ・フレンドは出来ませんでした?? 
世界中から集まった若者たち、きっと国際的なカップルがたくさん生まれていることでしょう。現に出発前、10年ほど前、同じ学校で学んだ人に予備知識をもらいました。彼女もまた韓国の人と寮で出会い結婚し、いま韓国に住んでいます。

これを読んでいただくのに、どれほど大切な時間がかかりましたか?
これからもロシアのことが耳や目に入りましたら、このページを思い出してくださると嬉しいです。またロシアにお出かけの際は、知りたいことなど何でもお聞き下さい。幸い今回はずべて自分の足で暮らしましたので、かなり経験をお話できると思います。

長い間読んでいただき本当にありがとうございました。
最後の画像はペテルブルグのスパース・ナ・クラヴィッツ聖堂です。モスクワの赤の広場にあるワシーリー寺院を模して作られた聖堂だそうです。
[PR]
# by marira-y | 2006-03-28 11:05

Moscow 3月4日~6日

ペテルブルグの白い木立から舞い上がった私たちの飛行機は、1時間あまりでモスクワに到着しました。往きの飛行機は小さくて寒く心配でしたが、復路のは大きくて立派でした。夜遅い便は乗客が少なく、朝は多い、だから飛行機も大きい。 ちゃんと考えているんだ!

空港に亜細亜大の先生が鳥打帽を被って迎えてくれる。 この先生は面白い人、予告なしにヒョイと現れては消える(画像右の頭は、鳥打帽の先生)
通訳業を8年ほどやって、亜細亜大の教授をしている方。先生のお話によると、2年前までは日本で開かれるフィギュアスケートの大会の通訳は私がしてたんだよ」ですって。一緒に赤の広場に行き、ここからホテルには青いラインの地下鉄で5つ目だよ・・・と言って消えた。

赤の広場も昔は広~い大きな広場だったけど、いま周辺に建物が建つらしく、工事中だらけ、そのうち広場じゃなくなってしまうの?と心配しました。
f0060853_9575860.jpg

* 地下鉄  ペテルブルグではあまり乗らなかった地下鉄、モスクワでは必須、地下鉄なしにはどこにも行けない。翌日は地図と首っ引きでトレチャコフ美術館に行く。
ここはペテルブルグのロシア美術館同様、ロシアの画家ばかりを集めている美術館。外装も美しい美術館は平日と言うのにたくさんの人が来ていました。お年を召した女性の二人ずれ、小さい子供を連れたお母さん、もちろんデイト中の若者。
ペテルブルグで見た画家レーピンの画もたくさんあり、彼はツルゲーネフ・トルストーイ・ゴーリキーなどの肖像画を描いていたことも始めて知る。
イリヤ・レーピンをすっかり身近に感じました。ここはオールド・トレチャコフ、美術館の画像がなくて残念です!
ニュー・トレチャコフには現代ロシアの画家、シャガールやカンディンスキーがあるとのことでしたが、オールド・トレチャコフに長い時間いたので今回はいけませんでした。次回の楽しみに取っておきます。
美術館の後はモスクワの繁華街へ、また地下鉄の地図を目を皿にしてアルバート通りに行く。真冬でも人通りは多く、パフォーマンスをしている人・似顔絵を描く人もいる。ここでロシア最後の夕食を取る。地球の歩き方に出ている「美味しいロシア料理店」に行ったけど、ロシア人で満員、入れなかった!

地下鉄の話に戻ります。
ロシアの地下鉄は、ソヴィエット時代は原爆時には避難する場所とも言われるほど深く掘られていて、ホームに降りるためのエスカレーターの動きは早く、その早いエスカレーターに1分以上乗っているような気分でした。日本ではとても考えられません。その早いエスカレーターに慣れているのでしょう、お年よりも乗っていて、見ている私のほうがハラハラの思いをしました。もちろん私自身、動きを見定めてエイっと乗り降りせねばなりません。
日本に帰ってから、スーパーのエスカレーターが遅いので、返って躓きそうになりました。慣れるって不思議です。

モスクワに2泊していよいよ帰国の便に乗りました。今度は予約どおりエコにミークラス。当たり前なのになぜかガッカリ! やっぱり食事が・・・
機内には、やはり語学研修(モスクワにもあるそうです)だったのか若者がたくさん乗っていました。 賑やかなこと! いえ、うるさい!

今回の研修の間、寒いので日本人観光客とはほとんど会いませんでした。たまに美術館などで英語圏の観光客がいましたが、団体で美術館に来ているのもほとんどロシア人、ロシアの地方から来ているのでしょう。
寒さによって着るものが大きくなり、動きが制限されますが、それさえガマンすれば観光には最高だと私は思います。学校の先生も言ってました「いまは雪ですべてが隠されていてきれいだけど、雪が溶けたら街中犬の○○○だらけでね~」と。お掃除はするでしょうけど???
航空機はもちろんホテル代も夏は冬の3倍くらいになるそうです。
[PR]
# by marira-y | 2006-03-28 09:56

An epilogue (続)

4週間のペテルブルグ滞在は夢のように過ぎていきました。
Rさんなどは、家では出来ない自分の事だけを考えていればいい!こんな素晴らしい暮らしはもう出来ないかもね~と言ってました。ほんとうにそう思います。
気が付いてことを少しあげてみます。

* オリンピック フィギュア・スケート
ペテルブルグとトリノの時差は2時間くらい、したがってほとんどライブで見ることが出来ました。
ライブといっても、日本のようにすべてを見せるのではなく、やはりロシアの選手に焦点を合わせて放送します。表面を馴らしている時間、放送を中断してロシアのスルツカヤのプロフィールを放送したり、本放送に戻ったら日本の安藤美姫の演技が終わり、リンクサイドに上がってきたところでした。何で見せないのよ! 荒川静香の演技はすべて見ましたが、ロシアのTVは荒川を対抗馬とは見ていないらしく、盛んにアメリカのサーシャ・コーエンとの比較を言ってました(たぶん)。
また寮のフロアーの掲示板には「プルシェンコとパーティーをします。おいで下さい」などが貼ってありました。日本人に人気があるのを知っている怪しからぬ人物がいるようでした。

* 女性のこと 前にも書きましたが、若いお嬢さん方は色が白くブロンドの髪が私には美しくみえます。
それなのに、なぜか赤く染めている人をよく見かけました。いわゆる赤茶、「赤毛のアン」の人参色です。
もったいないね~と私が言うと、Rさんは「それがお洒落なのよ」と。大学の講師で若い女性といつも接しているRさんには、お洒落に見えるようです。日本の若い女の娘のお洒落なと、到底理解できない私ですが・・・。Rさんも本気でそう思っているのか、言葉には裏がありそうでした。
ペテルブルグで知り合ったリーリアちゃんが「世界の中心で愛を叫ぶ」を読みましたか?と聞いてきました。「私は読んでいないけれど、こんどDVDを見て、感想を送るね。いま日本の若い娘たちはタイトルを短くして[セカチュウ]といってますよ」とメールに書いたら、「私もセカッチュといいましょう。でも私は日本の若い女性とは違います」・・・と書いてきました。どういう意味?としばし考えました。彼女が着ていた英国スタンダードなお洋服、日本では見られなくなったオーソドックスなお洒落みると、やはり日本の若い娘のことはよく思っていないのかな?
 また、雪で路面が凍っていて、私などはいつもペンギン歩きをしてると言うのに、彼女たちはヒールの高い、しかも細さ2センチくらいの靴で足早にさっそうと歩いていました。転ばないのかしら?折れないのかしら?

* 携帯電話 ロシアでも携帯電話をたくさんの人が持っていました。若い人はもちろんお年よりも。バスの中で大音量の着メロが響きます。小型バスの定員は14人くらい。話の様子はみんなに聞こえてもお構いなし。終わりの方では私たちも話が解るようになりました。いずこも同じ、バスの中の会話は決まったようなものですからね。日本で携帯の声が聞こえたら、イヤだな~と思いますよね。しかし外国語だとそうは思わないのはなぜかしら?

* 小型バス・・・マルシュルートカ(マルシュ)と呼ばれていますが、座席の後ろに座った人は、料金支払いをする際、お金を前の人に渡します、そのお金は次々に送られ、最後は運転手さんに渡ります。お釣りもちゃんと送られて戻ってきます。運転席にも二人座れて、その席の人がお金を受け取ってお釣りも出しているようでした。

* ペテルブルグを発つ朝空港に行く。着いたのは夜だったのでわからなかったけれど、周辺は真っ白な林でした。先日見た真っ白の木立の林なのでしょう。美しい!
ふと、映画フィールド・オブ・ドリームスを思い出す。あの真っ白な林のアチコチから白雪姫が現れるのでは・・・・と。
[PR]
# by marira-y | 2006-03-26 21:29

Pushikin Museum

プーシキンの家に行きました。
地図で見ると運河沿いに歩いて行けばなんとかたどり着けそう。黄色いロシアの住宅アパートメントが続き、幾人かの人に聞いてみたけど知ってる人はいませんでした。
またしばらく歩くと小さな日の丸、??? そういえばガイドブックに日本領事館の近くと書いてあったな~~ 私はカメラを持っていないし、Rさんも日の丸を撮る気はないみたい。

やっと黄色い壁にプーシキン博物館と書いてあるプレートを見つけた。
ロシアの大きな建物には、入り口が一ヶ所開いていて、そこから入ると必ず中庭があり、その庭から四方それぞれの家の階段から上がるシステムになっている様子。
5階まで登り入場券を買って入る。時間を決めてガイドが説明をしますよ・・・と言われてもロシア語ではね~~。
イヤホーンが二つ付いた英語のオーディオ(テープ)を借りて、二人つながって歩く。
プーシキンの書斎、有名人も談笑したであろう客間、プーシキン婦人の化粧の間・・・調度品も素晴らしくて、見とれてしまう。各部屋で見張りをしているおばあさんが「もう閉館時間だよ」と言いたげに無言のプレッシャーをかけてくる。もう少し待ってね!
プーシキンが銃弾に倒れたときのベストも飾ってありました。彼は著作や来客の折よく絵を描いていたようです。原稿用紙の脇や来客の似顔絵などを。
f0060853_20491393.jpg

[PR]
# by marira-y | 2006-03-26 20:33

Issak tenple

f0060853_2143210.jpg

f0060853_2132583.jpg

f0060853_21332280.jpg

イザク寺院の全体像は、なぜか撮っていませんでした。デカ過ぎてカメラに入らなかったのです。画像は借り物です。
毎日イザク寺院の横を通ってスクールバスは行きます。ギリシア神殿のようなドデカイ大理石の柱、金色に輝くクーポラ
Rさんと見学に行きました。寺院ですから当然たくさんのイコン、それも精巧なモザイクで出来ているのだそうです。壁にはどっしりとした緑色の孔雀石やラピスラズリの柱もあり、目が眩みそう。古代ロシアの力をこれでもか!と見せられて。
f0060853_2243980.jpg

↑回廊からネバ川とエルミタージュを見る
f0060853_22558.jpg
f0060853_2251827.jpg

寺院内を見た後、寺院脇の階段を登って最上階の回廊へ。回廊を一回りするとペテルブルグ市内の全貌が見える。螺旋階段は段が高く、短足の私には厳しい。登りはまだしも、下りになると奈落に落ちるような気がする。なぜなら私は高所恐怖症。
やっと外に出ると、珍しく市内観光バスも来ていた。雪解けの泥ハネをいっぱいつけて。
[PR]
# by marira-y | 2006-03-25 21:43

話が前後しますが、3月1日(水)

今日から3月、ロシアは今日はマースレニッツァのお祭りです。
寒い2月よダスビダーニァ!(さようなら)、 春の3月にズドラ-ストヴィチェ!(こんにちわ!)
私がいた難しいクラスがメインになって、歌やコントが行われた。
ギターを弾いて歌うエルマチェンコ先生、美しい声!
お祭り男とイギリスのナージャのコント、おじいさんが孫娘に文字を教えているお芝居、おじいさんは文字を教えているのに、孫娘は一文字の言葉だと思ってる。例えばカキクケコのキ、おじいさんはキと言う文字を教えているのに、孫娘は木だと思ってる。そのやり取りが大いに笑わせる。二人もおじいさんと孫娘になりきってお芝居をする。上手いパチパチパチ!!
その後クラス全員で合唱する、ダンもいる!いいな~羨ましい!
f0060853_23321350.jpg
f0060853_2332517.jpg
f0060853_23374246.jpg

隣の部屋では、美味しいブリヌィがたくさん用意されてた。お店が出ると聞いていたのに食べ放題!嬉しい!いただきま~す!
民族衣装を着た子供たちも来て、歌ったり踊ったり。学生も一緒になって踊る。
マースレニッツァのお人形を持って踊る子供たち
[
f0060853_2345566.jpg
f0060853_234341.jpg

[PR]
# by marira-y | 2006-03-22 23:30

大切な女性と男性

寮のお世話係ビクトリアさん。常時100人近くの学生が出入りする寮の管理をしている方。私たちも、朝起きたらトイレが水浸し! 大変ビクトリアさん! 朝早く駆けつけてくれた、素手で雑巾で拭いてくれる。上の階から水が漏れていた様子。危険だから部屋の電源を切って、私たちは別の部屋に移動。すべてを動かしてくれてるのがビクトリアさん。
洗濯は小物は手洗いしてたけど、週一回は大物を洗濯機で洗う。その管理もビクトリアさん。
合間に、ペテルブルグのあまり人が行かない美しい場所も教えてくださる。
最後の日「必ず行きなさい」と言われたユースボス宮殿に行ったら、なんとお休み、ザンネ~ン! 何か書いてあるが解らない。あとで松本先生に言ったら「お掃除の日だよ。月一のお掃除の日にぶつかるなんて運が悪かったな~」人ごとだと思って!
外から見る宮殿の美しかったこと!行き方も解らなかったのを一所懸命探していったのに!ビクトリアさんに報告する。一緒に残念がってくださる。

このビクトリアさんはロシア語は当たり前だけど、英語が堪能。私も用件を伝えるくらいなら大丈夫だけど、Rさんがいるので、困ったことなど何でも伝わるし、私たちに伝えることも出来る。電話のかけ方、行きたいところへの乗り物ものことなどすべて彼女に教えていただく。
彼女がいうには「あなた達が英語を理解してくれて嬉しいよ、ロシア語も英語も通じない人もたくさん来るから、何語も通じないときは私は踊っていなければならない!」と阿波踊りのようなしぐさをする。大笑いしてしまった。
3日ごとにもう一人の方と交代で勤務だけど、3日間のお休みの間に、美味しいお菓子を作ってきてくださる。甘いものは食べないと言うRさんも、美味しいと一個食べた。残りはもちろん私が美味しくいただき!

ビクトリアさんのほかにも、入り口で人の出入りをチェックしているおじさん。もちろん私より若いけれど。私はいつも出かけるときに、この方に「いま何度?」と聞いて出かけていました。TVの5チャンネルは、リアルタイムで気温が出るが、部屋ののTVは5チャンネルは入らないので。
この人にもサヨウナラを言う。「こんどは夏においで」と。夏は高いから来られないよと言うと「ここはホテルにもなるから、ここにおいで、よそよりはずっと安いよ」と。なるほど、交通はもう勝手知ってるし、ここなら個人でも大丈夫だな~と思いました。

もしかして、また行くことがあれば、私は必ずこの人たちに会いに行こうと思います。会えるといいのだけれど・・・・。画像は ビクトリアさんお手製のお菓子とRさん(Rさんからは許可をもらいました、このブログ、限られた人しか見てないから顔を出してもいいよ、減るものじゃなし!とOKしてくれました)
Rさんは、本当に凄い人です、凄いというより素晴らしい人!これからも勉強して、ロシア語を必ずマスターするでしょう。
f0060853_11431969.jpg

[PR]
# by marira-y | 2006-03-22 11:39

The last day to go to school 3月3日(金)

今日で私たちの勉強も終わり、1時間目の授業がないので朝はゆっくりできる。
日が長くなり、8時半出発のスクールバスも明るい日差しの中を出発していく。
このバスに乗るのも今日が最後。私たちの部屋6階から、出かけるスクールバスを見送る。毎朝見る風景も、今日は違って見える。懐かしく淋しい!
ここの人の朝一番の仕事は、車の雪を払うことのようだ。雪が降ったわけではなく、夜のうちに霜となって真っ白になっているみたい。
f0060853_0204992.jpg
f0060853_021867.jpg

授業はお昼を挟んで3時まで。お昼休みにオフィスに行き、お世話いただいたナターリアさんにみんなで挨拶に行く。昨日のうちに、ロシア語で挨拶できるように考えておいてね・・・と伝えていたので、まず学生が二人ご挨拶「美しい街で勉強が出来て楽しかったです。また来たいと思ってます」と。
私もご挨拶と、ネット友達の美衣有さんに戴いていた「キティちゃん」のメモセットを差し上げる。
これは今、日本で一番人気者なんですよ・・・と言ったら、彼女の名前はなんていうの?と聞かれた。「仔猫のキティです」と言ったら可愛いね~と。喜んでくださったみたい。
ナターリアさんと、最後のクラスの先生方とお別れの写真を撮りあって、私たちのスケジュールはすべて終わり。
ありがとうペテルブルグ、ありがとう先生方、ありがとうオフィスの方々。本当に素晴らしい思い出を持って私たちは帰ります。もう一度ありがとうございました。
[PR]
# by marira-y | 2006-03-22 00:21